「仲先生の古典文法の基礎と実践」は問題演習型の最高峰

   古典文法 comments(0) - 堀川紫野介

「古典文法の勉強は、まず暗記やで。」と言われるとそんな気がするし、「無味乾燥した古典文法なんか暗記から入るから嫌になるねん。講義に沿って一歩づつ勉強した方がええで。」と言われればそんな気がするし、どうアプローチしていいのかわからない人も多いはず。

 

 

前者の代表格は「吉野式古典文法スーパー暗記帖 完璧バージョン」で、後者の代表格は「望月光 古典文法講義の実況中継」と言うところでしょうか。また、ドリル型では「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル(河合塾シリーズ)」も候補の一つでしょう。

 

 

ただ、これらのタイプに挑戦してみたけれども、しっくりこない方もおられるでしょう。古典文法は古文単語と並んで難関の一つと思われます。

 

 

そのような方は気分を変えて「仲先生の古典文法の基礎と実践」をお薦めします。厳密に言えばドリル型と言えるのですが、メジャーなドリル型がほぼ白紙の枠に字を書いていくのに比べ、問題がずらりと並んだ演習の要素が強い本と言えます。

 

 

問題を解きながら、どんどん知識を蓄えていきます。四段活用から始まって、敬語・識別まで体系だった問題集となっており、徐々に難易度が上がっていく構成となっています。河合塾講師の仲光雄先生が編者なので、中身は間違いありません。

 

 

2ページ構成となっており、「問題」に対して「解答・解説・まとめ」も掲載されてますので、わかりやすくサクサクと進めることができます。また、問題演習をこなすことになりますから、実戦にも強くなります。

 

 

この本はなぜかあまり知名度が發ないのですが、良書中の良書です。あまり気負いもなく自然に実力がつくっていいと思いませんか。アマゾンの評価も高いので確認してみて下さい。お薦めの本です。

 

 

 

難易度  ★★★☆☆

お薦め度 ★★★★★

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM