「英熟語覚えんのん結局何がいいんよ」の(4)

   英熟語 comments(0) - 堀川紫野介

「次に英熟語重点型に位置するのは英熟語Always1001になるかなぁ。例文の比重も高くなってくるけど。」
 
「英熟語Always1001は気に入らんとこ多いけど、品があるから評価4とはどういうことなん? 単にお嬢さん学校とだぶらせて、選択眼おかしなってんのと違うのん?」
 

「いやいやそれはやな、本の愛着と言うか、一冊を選ぶ基準と言うもんは結構その本が持つ質感みたいなもんが大きく左右するもんや。いくら内容が良かっても、昆虫図鑑みたいなカラーばりばりの印刷やったら、躊躇するやろ。」
 
「言葉多しはあやしいなぁ。」
 
「この本はあらゆる面でバランスがいい本やわ。抽出もいいし、英熟語と例文のバランスもいいし、レイアウトもグッドやわ。CDは付いてないけど、今は何でもかんでもCD付けたらええねんみたいな出版社の意図がありおりはべりいまそがりやからなぁ。聞くよりも発声する方が大事と思うんやけど、CDがあったら聞くだけの人も多いんとちがうかなぁ。」
 
「まだ多弁やがな。」
 
 
 
「CD付の悪口言うた後に最悪なんやが、次に音読派の二冊がくるわ。試験にでる英熟語とユメジュクや。この二冊とも例文がCDに収められているから、例文重点型になるわ。音読で突破したい人は、この二冊から選択になるかなぁ。ユメジュクはスロープが滅茶苦茶いいわ。挫折しにくいかもね。」
 
「電車の中とか自習室とか口に出すことできんとこ多いから、聞くことの方が多くなるのはそのとおりやね。特に音読派は大きな声を出せるとこ確保しとかんと。」
 
「わたくしもあんまり口に出す習慣がなかったからなぁ。もし積極的にやってたら、早慶上智も行けたかもしれんなぁ。」
 
「言うのは自由やけど、嫌われるで。」
 
 
「英熟語帳の最後は代ゼミ英熟語800やわ。これは例文重点型になるわ。地味やけど、じっくり例文を読んで理解しながら覚えるというための本かなぁ。例文重点型は、基礎的な英単語や英文法、英熟語の知識が特に重要になってくるから、その意味では難易度が高いと言えるわ。後半の解説にでてくる問題集が落ち着かないという方はこの本を選択すれば、ちょうどいいかも。」
 
「えらい地味やけど、これも質感というか、これぐらいの分量やったら、何周もできるんちゃうかなぁと思わせるもんがあるねぇ。問題集は分厚いもんが多いだけに、一つの選択肢になる気がする。例文を大きな声で読みまくるというのもいいかもね。」
 
 
 
「英熟語Always1001」に関する記事は下記をご参照下さい。
 http://study-step.jugem.jp/?eid=79

「試験にでる英熟語」に関する記事は下記をご参照下さい。
 http://study-step.jugem.jp/?eid=70

「ユメジュク」に関する記事は下記をご参照下さい。
 http://study-step.jugem.jp/?eid=72

「代ゼミ英熟語800」に関する記事は下記をご参照下さい。
http://study-step.jugem.jp/?eid=82
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM