古文の勉強方法

古文 comments(0) - 堀川紫野介

古文の成績が伸びないと悩んでる方は多いのではないでしょうか。
どんな勉強をしたらいいのか、暗中模索の状態でしょう。
ほんと、古文は「わかった」という爽快感がない科目ですよね。
いつまでも不完全燃焼です。


古文を現代語訳することは、古文を長年研究し続けている文学部の教授でも難しいのですから、ちょっと授業で古文を習ったぐらいで完璧に現代語訳ができるはずがないのです。
むろん、現代文を古作文?にしなさいなどという難易度の高い問題は出題されないと考えた方がよさそうです。


どうせ勉強してもできないから、勉強しなくてもいいとなれば楽なのですが、受験される側の大学は少しでもましな学生を入学させたいので、うまく差がつく問題を出題してきます。
まぁ、当たり前の話なんですけど。


いくらマークシート問題でも、勉強していないとなかなか点数がとれません。
さてさて、どうのように点数を上げるかです。


古文の勉強は
■古文単語
■古典文法
■古典常識
■問題演習
の4項目と思われますが、挫折せず受験レベルまで上げていくためには、地頭の悪い方には相当機嫌よく勉強していただかなくてはなりません。
途中挫折すると、記憶がどんどん薄れていき、元に戻ってしまいます。
古文は特にそんな気がします。


特効薬はありませんが、
■毎日、少しでも古文に触れる
■難易度をうまくコントロールする
この二点が大事と思います。


これから、古文に関する書籍の評価もブログで増やしていきたいと考えています。

 
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM