「西きょうじの英文読解+英単語―リーディング&ボキャブラリー センター・中堅私大レベル」は音読にぴったり

   長文読解 comments(0) - 堀川紫野介

この本、あまりメジャーではありませんが、とてもいい本です。

何がいいかと言うと、英文の長さ難易度です。

 

 

受験英語は長文読解が主だからと言って、赤本ばかりやってても成績は伸びません。血となり肉となる勉強を的確にやっていかなければなりません。

 

 

「受験勉強として英単語、英熟語、英文法、英語構文、英文解釈もひとまず基礎的なところはマスターしました。長文読解にもチャレンジしたい。」

 

 

そんな人には、ちょうどこの本がぴったりです。130語ほどの長さの長文が50テーマ掲載されています。折れない長さです。

 

 

長文というよりも中文と言った方が適切かもしれません。CDも付いていますので、音読にぴったりです(少し速いので最初はスピード調節要)。飽きやすく折れやすい地頭の悪い人にとっては、最後のページまでいけるかもと思わせるものがあります。

 

 

別冊の日本語訳をバンバン見て頭に入れて、英文を音読することをお薦めします。わからない長文を見てパニックになりながら、何が書いてあるかを推測して読んでいくことも大事ですが、この本はお経の本と思いましょう。

 

 

長文読解は、ミクロの世界とマクロの世界を行ったり来たりしながら、文全体の起承転結を把握するという今までと異なる能力が必要です。

 

 

長文読解の世界を体験する旅に出かけましょう。音読にぴったりの本です。

 

 

 

難易度  ★★★☆☆

お薦め度 ★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM