「日本史単語の10秒暗記 ENGRAM2200」は記憶できる優れもの

   用語集 comments(0) - 堀川紫野介

学研プラスから発売された「日本史単語の10秒暗記 ENGRAM2200」は記憶できます。

 

 

正直、発売された当初は基本的な用語ばかりで役に立たない用語集と思っていたのですが、今までの用語集と異なるコンセプトに興味があり、思い切って購入し実践してみました。

 

 

従来の用語集は、わからない際に調べるという用途だったのですが、この用語集は1ページ目から英単語帳のように目を通していくというタイプです。果たして結果はどうだったのでしょうか。

 

 

575ページありますが、スルスルとページをめくることが可能です。負担感なく読み進めることができます。そして、記憶が「幹」⇒「枝」⇒「葉」とスムーズにネットワーク化され定着するのです。

 

 

ある程度の基本的な日本史の知識があれば、チャレンジしても損はありません。一問一答など他の参考書との位置づけをどう考えたらいいのかという問題はありますが、日本史の勉強に「飽き」がきているお兄さんお姉さん方にとっては、とても効果的な本と言えます。

 

 

そんなに負担感もありませんので、「通学時だけパラパラ見てみよか」レベルでも可です。2ページ構成となっており、左ページには重要用語とそのコンパクトな解説、右ページにはコンパクトな解説を文章化して頭に入りやすくするというスタイルです。左ページと右ページの関係が絶妙です。

 

 

左ページだけ見ると「用語集」、右ページだけ見ると「一問一答」です。左右をチラチラ見ながら進めるのがお薦めです。目の動きは正直で、わからなかったら自然と右を熟読したりしています。

 

 

レベルは一見低く見えますが、結構高いレベルまで自然と運んでくれます。メジャーな「一問一答」より効率的に勉強できる可能性ありです。救世主になる一冊かもしれません。

 

 

 

 

難易度  ★★★☆☆
お薦め度 ★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM