「現代文読解基礎ドリル」に勉強時間10分を費やそう

   読解力 comments(0) - 堀川紫野介

受験生は忙しいです。英単語、古文単語、日本史用語など暗記しなければならないことがたくさんあります。現役生なら学校の授業、宿題もやらなければなりません。

 

 

「現代文の勉強なんて堪忍しておくんなまし」という状況でしょう。勉強したという実感、ゲインしたという実感が一番乏しいのが現代文ではないかと思います。だから「やらなくていいのか」というとそうではありません。現代文に慣れていないと、受験では何が書いてあるのかわからなくなることが多々あるのです。

 

 

1ページ程の少し短い文章を読むだけでも、現代文に毎日触れておくことは大事だと思います。所要時間は10分程です。受験勉強に忙しい毎日でしょうけれども、現代文の料理の仕方を体験してみて下さい。

 

 

今回ご紹介する「現代文読解基礎ドリル」は短い文章の演習問題58題とやや長めの復習問題3題があります。メインとなる演習問題の長さはほぼ1ページです。目標の所要時間(ほとんど10分以内)も掲載されていますが、じっくり文章を読み込むことをお薦めします。

 

 

「受験生の50%以上が解ける落とせない入試問題国語」はより短い文章が掲載されています。「現代文読解基礎ドリルは負担だなぁ」と思われる方にはお薦めします。

 

 

何はともあれ、現代文を避けないでお付き合いして下さいね。配点が意外と高いですから、トンチンカンな答えをしていたら、合格が遠のきますよ。

 

 

 

 

難易度  ★★☆☆☆

お薦め度 ★★★★☆

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM