「岡本梨奈の1冊読むだけで古典文法の基本&覚え方が面白いほど身につく本」に賭けてみなはれ

   古典文法 comments(0) - 堀川紫野介

「古典文法ほんまあかんわ。もともと好きと違うんねんけど、それにしても頭に入れへんわ。」

「怖いヤンキーおじさんに無理やり覚えろって言われてるような本もあるしねぇ。」

 

 

 

「そうなんよ。なんかゲボゲボ状態やわ。」

「諦めんのん?」

 

 

 

「古文は勉強せぇへんかったら、ほんま点数とられへんからなぁ。諦めるわけにもいかんわ。なんかええ勉強方法ないかなぁ。」

「あるで。」

 

 

 

「何々教えて!」

「岡本梨奈先生に家庭教師に来てもうたらええやん。」

 

 

 

「もぉ、冗談やめてえなぁ。でも、大阪の千里高校出身、大阪教育大学教養学科芸術音楽コースピアノ科卒の岡本梨奈先生が自宅に来ていただいて勉強教えてもらえるんやったら、目の色変えて勉強するわ。岡本梨奈先生に褒められたい。認められたい。」

「あんた、なんか変なスイッチ入ってるで。それにしても、ほんま美人に弱過ぎひん。」

 

 

 

「ふふ。でも、岡本梨奈先生はじめ山村由美子先生、西村雪野先生、それに兵庫県西脇市が生んだスーパースター荻野文子先生、古文の先生はほんま美人揃いやんなぁ。」

「確かにそうやけど、なにはともあれ勉強しなはれ。」

 

 

 

「うー、ほんま岡本梨奈先生家庭教師に来てほしいわ。」

「それが、ほぼ実現できんねんなぁ。37回来てくれはるで。」

 

 

 

「えっ、どう言うこと?」

「岡本梨奈の1冊読むだけで古典文法の基本&覚え方が面白いほど身につく本を買いなはれ。37テーマで、本当に家庭教師に来てくれたはる感覚で勉強できるで。ヤンキーのおじさんにゴリゴリ振り回されるより、断然ええやんか。」

 

 

 

「えっ、それ買う。」

「買いなはれ。」

 

 

 

 

前文が長くなりましたが、「岡本梨奈の1冊読むだけで古典文法の基本&覚え方が面白いほど身につく本」は、古典文法がマスターするための良本です。

 

 

 

その特長は、

 

■基本の確認、基本の解説、基本問題、応用問題という構成で極めてバランスが良い

 

■単なる講義型ではなく、覚えるべき点を整理している

 

■先生と生徒の会話形式で、どんどん理解が深まる

 

■超基本で終わることなく、GMARCH・関関同立の受験資格レベルまで連れて行ってもらえる

 

■二色刷りを基調とした、目に優しいレイアウト

 

■適度な余白があり、プラスαの情報を追記しやすい

 

 

 

古典文法は挫折しやすいです。それだけに、うまくエスコートしていただける先生が必要かもしれません。「岡本梨奈の1冊読むだけで古典文法の基本&覚え方が面白いほど身につく本」に賭けてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

姉妹編の「岡本梨奈の1冊読むだけで古文の読み方&解き方が面白いほど身につく本」と合わせて勉強もできますし、評判のいい「大学入試問題集 岡本梨奈の古文ポラリス 1・2」へ結びつけることもできます。

 

 

こうなったら、岡本梨奈先生と心中するのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

難易度  ★★★☆☆
お薦め度 ★★★★★

 

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM