2020年大学合格者高校別ランキングから見た産近甲龍の難易度

受験全般 comments(0) - 堀川紫野介

 

GMARCH・関関同立を目指す受験生にとって、併願先候補としての日東駒専・産近甲龍の難易度は気になるところでしょう。

 

 

今回は偏差値ではなく、令和2年3月15日号の「サンデー毎日」に掲載されている2020年大学合格者高校別ランキングから分析していきましょう。

 

 

産近甲龍は、

京都産業大学(京都)

近畿大学(大阪)

甲南大学(兵庫)

龍谷大学(京都・滋賀)

の総称です。

 

 

関関同立に次ぐ関西の難関私立大学群となります。2020年の産近甲龍合計数のベスト20は以下のとおりとなります。

 

第1位 草津東高校(滋賀)  359人

第2位 郡山高校(奈良)   352人

第3位 寝屋川高校(大阪)  344人

第4位 畝傍高校(奈良)   325人

第5位 三島高校(大阪)   321人

第6位 東大津高校(滋賀)  320人

第7位 清風高校(大阪)   313人

第8位 八日市高校(滋賀)  306人

第9位 泉陽高校(大阪)   299人

第10位 桃山学院高校(大阪) 285人

第11位 関西大倉高校(大阪) 283人

第12位 尼崎稲園高校(兵庫) 282人

第13位 池田高校(大阪)   277人

第14位 和泉高校(大阪)   265人

第15位 石山高校(滋賀)   264人

第16位 南陽高校(京都)   262人

第17位 高田高校(奈良)   254人

第18位 御影高校(兵庫)   253人

第19位 箕面高校(大阪)   244人

第20位 四条畷高校(大阪)  241人

 

※あくまで手計算なので、数値に誤りがある場合があります、その際はご容赦願います。

 

 

ベスト20はずらりと関西圏の大関・関脇クラス高校が並びました。ただ畝傍高校や四条畷高校など横綱級の高校もランクインしており、難化が予想されるところです。

 

 

産近甲龍の難化を測る上で指標となるであろう高校について、3年前である2017年と2020年を比較してみました。

 

西京高校(京都)  85人 ⇒ 120人

嵯峨野高校(京都) 90人 ⇒ 152人

茨木高校(大阪)  42人 ⇒  91人

四条畷高校(大阪) 179人 ⇒ 241人

豊中高校(大阪)  100人 ⇒ 209人

市立西宮(兵庫)  125人 ⇒ 185人

 

 

このクラスの高校が産近甲龍に本格的に参入すれば、確実に難化していると予想されます。この3年間でも確実に合格者数を増やしており、難化傾向は間違いのないところと言えるでしょう。

 

 

次に、トップ高の産近甲龍合格者数を見ていきましょう。

 

堀川高校(京都)    58人 ⇒ 54人

北野高校(大阪)    25人 ⇒ 26人

神戸高校(兵庫)    47人 ⇒ 112人

膳所高校(滋賀)    84人 ⇒ 178人

奈良高校(奈良)    70人 ⇒ 131人

桐蔭高校(和歌山)  46人 ⇒ 122人

 

ギョッギョッ! トップ校も増えてますやん。これは産近甲龍の難易度上がってますわ。それにしても北野高校と堀川高校は、完全に横綱相撲ですね。突き抜け感あります。

 

 

 

 

「2020年大学合格者高校別ランキングから見た関関同立の難易度」

 

「受験生は大阪府立三島高校を見習いましょう」

 

も掲載していますので、参照願います。

 

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM