「英熟語覚えんのん結局何がいいんよ」の(1)

   英熟語 comments(0) - 堀川紫野介

「英熟語覚えんのん結局何がいいんよ。たくさんあってようわからんわ。英熟語帳が出てきたり、問題集が出てきたり、おまけに品があるとか、チャラチャラしてるとか、ほんまようわからん。」

「確かにいろんな英熟語の本が出版されてるわな。英熟語を覚えるのは難産だけに、みんなも悩んでるんやろ。英熟語部門のアクセスの多さには、インド人もびっくりやわ。」

「そうですのん。インドの方もびっくりしたはるんですか。それならまとめのこの記事は、注目度高いんですね。」

「さらりと、対応されるのんって辛いなぁ。まぁいいわ。今までのブログのおさらいからしてみるわ。」



「英熟語は英単語と比べて、例文との関わり具合が絡んでくるんで、より複雑になってくるんやなぁ。例文に重点がかかればかかるほど具体的になり、英熟語に重点がかかればかかるほど抽象的になるんよ。」

「具体的な方がわかりやすいから、具体的なん選んだ方がいいんと違うのん。抽象的ってようわからんけど、エッセンスだけ、つまり一つの英熟語に対して情報量が少ないわけやね。」

「そうそう、そんな感じ。でも、具体的なんがいいかと言うと一周するのに労力がかかり過ぎて、途中で挫折する恐れが多分にあるねん。それに比べて、英熟語重点型は一周するのがとても速いわ。でも単調さに挫折する恐れもあるから、ほんと難しいわ。」


「英熟語帳と問題集の違いは何なん。英熟語帳でも英熟語重点型と例文重点型があるみたいやし、音読派の話も出てきたわ。問題集は難易度のばらつきもあるように思うんやけど。」

「そのへんを整理して、話していくわ。」






 
  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM