「英語長文を読むためのパラグラフ・リーディング(高校初級用)」はやってみる価値あり

   長文読解 comments(0) - 堀川紫野介

正直、私はパラグラフ・リーディングの勉強をしたことがありませんでした。おそらく現代文の勉強で英語長文も何とか読みこなしていたんでしょう。

 

 

パラグラフ・リーディングってかっこいい言い方してますけど、現代文の「評論読解」みたいなもんで、国語の勉強だと思います。

 

 

しかしながら、パラグラフ・リーディング、特にこの本は「やってみる価値あり」なんです。それはこれを勉強することによって、配点が一番大きい「長文読解」が飛躍的に伸びる可能性があるからです。

 

 

この本が辞書みたいに厚い本ならお薦めしませんが、わずか64ページ(+別冊解答64ページ)です。これなら負担感なく読了できるでしょう。決して読んで無駄になる本ではありません。特に高校初級用なので、一文一文の英文解釈にエネルギーをとられることがありません。英文解釈を乗り越え、純粋に「パラグラフ・リーディング」の勉強ができます。

 

 

内容はこちらからサンプルを見ることができます。この本をやってみて長文が少しでも読めるようになったら、それは素晴らしいことです。463円(税抜)で世界が変わるかもしれません。

 

 

解説にあるように「木も見るが、森も見る」=「文章全体の論旨を大きく把握する」をこの本で体験してみて下さい。特に、現代文から離れて久しい「英数社」で受験するお兄さんお姉さん方は、必須で購入して下さいね。

 

 

 

難易度  ★★☆☆☆
お薦め度 ★★★★★

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM